ビルのダクトはそのままにしておくとゴミがたまりやすい場所です。
定期的なダクト清掃が必要ですが、業者に依頼するとかなりの料金がかかります。
自由自在に曲がる長いチューブの先に先端が回転する専用の工具が発売されているので、効率改善のためにもそれを用いてきれいにしましょう。
きれいに清掃しておくと、空気の流れも良くなり本来の機能を回復できます。
空調の効率も改善されるため、専用のツールを駆使してきれいにしておくのがおすすめです。

ビルのダクト清掃に使える道具

ビルのダクト清掃に使える道具 ビルに取り付けられているダクトの中は、ホコリやゴミなどがたまりやすい空間です。
手が届きにくい場所だけに、ダクト清掃用の道具を使うと効率よく掃除できます。
ホコリなどを取り除くには、ダクトクリーナーを用いると良いでしょう。
長いチューブの先にクロスが付けられており、回転しながらダクトの中を進むことでゴミなどをきれいに取り除いてくれます。
先端を回転させるための電動ドリルと、取り除いたホコリを吸い取るための集じん機をセットで使います。
先端のノズルから空気を吹き出し、ゴミを吹き飛ばすダクト清掃用具もあります。
こちらはより構造がシンプルで使いやすく、ダクトが細い場合でも使うことができます。
空気を用いるため、エアコンプレッサーが別に必要となります。

ビルのダクト清掃はアイテムが必要なのです

ビルのダクト清掃はアイテムが必要なのです ビルのダクト清掃といえば、たいていは大掛かりな手間暇をかけた、特別な掃除をすることを想像してしまうのです。
しかし場所がビルといっても、ダクト清掃をするには手ごろなアイテムがあるだけで、増分と作業がやりやすくなるものです。
同じ清掃でも、専門の職業であるプロの人たちがするのであればまた話は違ってくるので、仕事をするための専用の掃除道具があるようです。
しかし、単に建ものであるビルのダクト清掃だけであれば、ちょっとしたアイテムが少々あるだけで、日ごろの掃除ができてしまうのです。
誰でも知っているように、ダクト本体というものは大きくて長いなどといった特徴があるので、通常の掃除道具では間に合わないということになるのです。
ですが、ダクトの曲がりに合わせたものを調達するために市販で売られているアイテムを購入するだけで、簡単に応用することが可能となります。
柄が長くて奥まで届きやすく、また先端は曲げられることで、ダクトの内面の汚れまで取り除くことが可能になります。
このようなものは、職業的にプロが使用しているものとは比べられないものですが、やり方によってはいろいろ応用が利くので簡単で便利なもとして活用できます。

ビルのダクト清掃ではフィルターの掃除が大事

ダクト清掃を定期的に行うことはとても大切です。
ビルも住宅と同じく換気が必要であり、新鮮な空気をフィルターを通して入れ込むことは欠かせません。
もし家の換気をしないなら、カビが生えたり悪臭がしたりします。
一般家庭の台所にも換気扇があります。
換気扇に不織布のフィルターをつけていると、一ヶ月で汚れてしまいます。
交換するだけで十分ですが、ビルの場合にはダクト清掃が必要になります。
ダクトが汚れていると環境汚染にもつながるのでこまめな清掃は欠かせません。
見えないからといって、いつまでも放置していると汚れがこびりついてしまいます。
個人的に行うことは難しいので、専門にダクト清掃を行っている会社に依頼します。
料金は会社によって異なるため、いくつかの会社で見積もりを出してもらうのはよい方法です。
良心的な会社が見つかれば定期的に依頼することができるでしょう。
定期掃除コースがある場合もあります。
汚れがひどくなる前に行うのは清掃の基本です。

ビルのダクトに埃や油が蓄積で健康被害や様々なトラブルはダクト清掃で解決

ビルの屋内の換気扇と排気口をつなぐ換気ダクトは、長期間に亘り点検や清掃をすることなく使用すると換気扇からの油や大量のホコリが蓄積したりダンパーの故障が起きることがあります。
そのことで室内の換気不足が発生し、さまざまなトラブルや健康被害を受ける可能性があるので定期的なダクト清掃が必要になってきます。
ダクトの換気不足によって、ホコリやカビや結露など室内の衛生面が悪化しさらに排気口周りの外壁の汚れが発生したり 化学物質による体調不良や異音によるストレスなどの原因になります。
そこでおすすめしたいのが、経験豊富で様々なノウハウをもつダクト清掃サービスであらゆるタイプの換気ダクトに遭遇することで経験を培ってきています。
他社には真似することのできない技術力で、複雑な設置環境のダクト清掃も行っていて多数の管理会社様と契約させていただき、日本全国のビルや建物にサービスを提供します。
そしてダクト清掃サービスのお問い合わせは、電話やメールやLINEで受付しています。

ビル衛生管理法に基づいたビルのダクト清掃業務

ビルのダクト清掃業務はビル衛生管理法に基づいており、登録業者が作業することが定められています。
清掃対象となる分野ごとに1号から8号まで設けられており、ダクト清掃業は3号業者になります。
登録業者になる場合は一定基準を満たさなければなりません。
まずダクトの取り外しや内部の清掃に欠かせない業務用器材を所有している、営業所ごとに空気調和用ダクト清掃作業監督者を配置している、清掃業務につくものが厚労省の登録を受けた実施主体となった研修を受講します。
また清掃用機器の維持管理方法が厚労省が定める基準に適合していることが求められます。
これらの登録手続きをするさいには、申請書を始めとする書類に必要事項を記入した上で都道府県知事に提出し、それらの基準に違反していない限り、登録業者になることができます。
ビルにおけるダクト清掃は、建築物内の衛生環境維持に直結する重要な役割を担っており、ビル衛生管理法によって各種要件が定められています。

ダクト清掃は飲食店ビルで引火を防ぐのに有効な手段

焼き肉店や中華料理店などが入居する飲食店ビルでは、定期的に火災が発生しています。
なかには大きな被害を生み出すこともあり、気を付けないといけません。
なぜこのビルで火災が発生しやすいのか、その要因となっているのが換気ダクトです。
通常は室内の空気を外へと逃がすのに使われている設備ですが、飲食店が入居していると油が内部に付着をしています。
そのまま放置をしていると、自然発火をするというわけです。
引火を未然に防ぐのに役立つのがダクト清掃であり、国土交通省では2020年から管理者に対して、年一回のダクト清掃を義務付けるようになりました。
専門会社を頼って仕事を依頼しますが、ダクト清掃では内部の油脂の除去のほかにダクト内の点検も実施をされるのが基本です。
これによりホコリや油脂への引火を防げるので、安全性を高めることもできます。
ダクト清掃は1回あたり約10万円のコストになりますが、その分安全も手に入れられます。

ビル内でのダクト清掃は吸引能力に大きく影響します

ビルを管理していると、空調をしっかりと管理しないとビル内の環境が非常に悪化してしまいます。
その結果、吸気と廃棄のバランスが悪くなってしまったり、埃などが増えて不衛生な環境に陥ってしまう恐れもあります。
空調を管理するポイントはいくつかありますが、そのうちの一つがダクトです。
ダクトは、管理を怠るとフィルターが目詰まりしていき、吸気と廃棄のバランスが崩れたり、埃が溜まって空気が汚れてしまう恐れがあります。
暖房や冷房の能力も低下してしまいます。
そのため、ダクト清掃をしっかり行うことで吸引能力をきちんと維持していくことが大切なポイントになります。
ダクト清掃は、自分で行っていもいいですが、一般的には清掃は難しいので専門業者に依頼することをお勧めします。
1か月に1回などと清掃頻度を決めて契約を行うことで、管理が徹底されます。
具体的な頻度は規模などにより影響を受けますので、専門業者に相談の上で決定することが望ましいです。

ダクト清掃の専門業者は居住者への気遣いも大事

キッチンなどの換気扇から嫌な臭いがしてきたら、専門業者にダクト清掃を依頼しましょう。
専門業者のダクト清掃は、換気性を綺麗に掃除するだけではありません。
換気扇からの臭いというのは、その奥にあるダクト内から発生している場合もあります。
原因がダクト内にあるなら、換気性を入念にお掃除しても臭いは解消されないので、専門業者のダクト清掃が有効にあるわけです。
しかし専門業者にダクト清掃を依頼すると、居住者にも負担をかけてしまいます。
専門業者を選ぶときには、料金を重視してしまうかもしれませんが、しっかりとした気遣いができる業者なら居住者への負担を減らせます。
負担が減れば清掃を実施中も快適になり、ストレスもたまらなくなるでしょう。
料金ばかりを重視するのではなく、気遣いのできる専門業者であるか見極めてから依頼をするようにしてください。
接客のマナーや実施前の説明など、あらゆるポイントを細かく見ていくことで、信頼性は確かめられます。

火災防止やコスト削減のためにも行うダクト清掃にはスキルも必要

定期的に丁寧なダクト清掃をする必要があり、その際に欠かせないのがスキルです。
全くの未経験者が簡単に何もレクチャなしで、誰でもできる作業ではありません。
大きく分けると2種類あるやり方、溜まったごみを専用機器で吸引するのはダクトビート工法です。
工場のような場所ではよく採用される手段で、長いホースを作業時に使いますので、一旦その時は他の業務を中断させることになります。
ですが費用面という部分では優しく向き合ってくれて、コストパフォーマンスの良さは魅力です。
もうひとつはダストストリーム工法、ごみの吸引を行いますが、加えて清掃をブラシでも行います。
こびりつきの激しい汚れを除去するにももってこいであり、できる限り綺麗にしたいニーズを叶えることができる手段です。
同様に機器を使用するものの小型ですから、対象として小規模ビルなどのダクト清掃にも適しています。
また集合住宅となる、マンションのダクト清掃にも用いられる工法です。

ダクト清掃を効率的に行うにはタイミングが重要

ダクト清掃を行う際には接続させている機器を全て停止して行う必要があるほか、清掃後も動作させればすぐに汚れてしまうことがあります。
そのため、ダクト清掃を効率的に行うには、実施するタイミングが重要です。
例えばエアコンが接続されているダクトならシーズンオフがおすすめで、この頃にダクト清掃を実施すれば1年の汚れをしっかりと落として、次のシーズンに備えることができクリーンな状態で使用することが可能です。
調理場の換気扇などが接続されているダクトなら、使用しない時に行うのが最適で場合によっては深夜や早朝しか時間が無い場合もあります。
その時間帯に実施するのが不可能な場合は可能な限り使用しない時間が長い時を探り、溜まった汚れをしっかりと落としつつ、次に使用して汚れてしまうまでの期間が少しでも長くなるタイミングを見計らうのがおすすめです。
ダクト清掃は頻繁に行うのは難しいことから、綺麗になった期間をできるだけ長くなるように実施するのが最適です。

ダクト清掃は雨の日でもできるその理由とは

ダクト清掃は晴天に限らず雨の日でもできますが、それはどのような理由からでしょうか。
ダクト清掃の基本は内部の作業なので、雨が降っても直接的に影響することがないです。
屋外と繋がる出口付近は、風の影響で雨が入り込む可能性がありますが、大雨でなければ作業に支障が出るほどではないと考えられます。
強風を伴う台風が発生している場合は別ですが、一般的な雨の日であれば問題なくダクト清掃が可能です。
理想的なのは梅雨が本格化する前に済ませたり、夏本番が到来する前にダクト清掃をすることです。
内部の汚れはニオイや衛生面に影響するので、雑菌が増えて悪臭が発生したり、カビが増殖しないように備えることが大切です。
天気が悪いからといって清掃を先送りにすると、汚れが蓄積する一方でこれらの問題が発生しやすくなります。
多少の天候の悪化は作業の問題になりませんから、ニオイや汚れが気になったら天気を気にせずに、早めに綺麗にすることが大切ではないでしょうか。

ダクト清掃に関する便利なテクニックを紹介

ダクト清掃に関しては、定期的に行っておかないと衛生面でも非常に良くない状態になってしまうので気を付ける必要があることは十分に理解していると思いますが、かなり肉体労働になって面倒な作業も多いので嫌がる人が多いのが特徴です。
しかし、ダクト清掃の簡単なテクニックに関して十分に理解していれば、業者に依頼しなくても自分自身で綺麗に掃除することができるため、無駄なお金を使いたくないと思っている方はぜひこれから教える方法を参考にしてみてください。
気になるテクニック方法については、しつこい汚れでも瞬時に浮かせて落とすことが可能なアルカリ性洗剤を使用することです。
また、気になる箇所にしっかりとアルカリ性洗剤を塗布していったら、今度は出力機能の高い高圧洗浄機を使って丁寧に洗い流していきます。
その際、放射した水が跳ね返って濡れてしまう危険性があるため、掃除する際にはできるだけ汚れても良い恰好をしておくこと、マスクやゴム手袋、またはカッパなどを着用しておくことをおすすめ致します。

ビルのダクト清掃はプロが行うのが一番効果が高い

かなり奥まで侵入して隅々まで綺麗にする必要があるダクト清掃は何かと手間がかかってしまうので、自分一人で全て行うとするとかなりの労力と時間が必要になってきてしまいます。
その為、ある程度予算に余裕があるのであれば、年末前にプロに依頼して本格的なダクト清掃の依頼をしておくのが良いでしょう。
また、ビルのダクト清掃をプロが行うメリットに関しては、マンションやビルに関する複雑な構造をよく理解している方が担当してくださるので、清掃に関するノウハウを知っていてスムーズな作業で素早く綺麗にしてくれる安心感があることです。
酷い詰まりの原因を突き止めてしっかりと排除していってくれるだけではなく、専用の高機能な高圧洗浄機を使ってこびりついている頑固な汚れまで全て除去していくことが期待できるので、こまめな掃除をするのが苦手でダクト内から異臭が出ているくらい酷い状態に悩んでいるなら、できるだけ早めに清掃の依頼をしてみることをおすすめします。

ビルのダクト清掃には厨房専用のコースが選択可能

ビルは階が多いですし、至るところに複雑に配置されているダクトがとても多く存在しているので、変な音が出るようになっていたり異臭が発生している場合には、直ぐにダクト清掃のプロに問い合わせて適切な点検と清掃をしてもらうようにしてください。
また、総合的なダクト清掃を行っている会社であれば、ピンポイントで厨房専用の掃除を行ってくれるプランが充実しているので、厨房を清潔で衛生的な状態に保っていきたいなら専門コースを選択すると確実に綺麗にしてくれます。
ただし、ダクト清掃がかなり大変な作業になって周囲に汚れなどが含まれた汚水が流れ出てきてしまうことがある為、清掃してもらう当日は料理などの作業は一切中止することを心掛け、大切な食材などに触れないようにしっかりと冷蔵庫に入れておくことを大切にしてください。
それと、作業を除く場合は健康状態を考慮してマスクの着用を義務付けること、汚れても良い服装で立ち合うのが基本になります。

ビルのダクト清掃は工法によって作業方法が異なります

ビルのダクト清掃は、建物内の空気品質と快適性を保つために非常に重要な作業です。しかし、この作業はさまざまな工法によって異なる作業方法が必要とされることがあります。以下に、いくつかの主要な工法とそれぞれの特徴について詳しく説明します。
まず手動清掃工法でこの方法では清掃スタッフがダクト内に手でアクセスし、汚れやほこりを物理的に取り除きます。この工法は比較的小規模なダクトシステムに適しており、アクセスが容易な場合に利用されます。ただし、作業は時間がかかるため、コストや労力がかかることがあります。
次に機械清掃工法がありこの方法では専用の清掃機器が使用され、ダクト内を効率的に清掃します。この工法は大規模なダクトシステムに適しており、迅速な清掃が求められる場合に有効です。機械清掃は一般的に効率的で一貫性があり、清掃の品質を向上させることができます。
ケミカル工法も存在しこの方法では特殊な化学薬品を使用して、汚れやカビを分解し、除去します。ケミカル清掃は特に細菌や微生物の成長が懸念される場所で有用です。ただし、適切な化学薬品の選定と取り扱いが重要であり、環境への影響にも留意する必要があります。
ビルのダクト清掃は建物の健康と安全に直接影響を与える重要な作業です。適切な工法を選択し適切な作業方法を実施することが不可欠です。頻度や方法はダクトの種類や使用状況に応じて適切に計画されるべきであり、専門家の助言を受けることが賢明です。

ビルのダクト清掃は何年ごとに行えばよいのか

ビルのダクト清掃の頻度は建物のタイプや使用状況、地域の気候条件、およびダクト内の汚れの程度によって異なります。一般的なガイドラインに基づいてお話ししましょう。
まずダクト清掃の頻度は建物の用途に大きく影響されます。例えば住宅用のダクトは通常、2~5年ごとに清掃が推奨されます。これは、埃や花粉、ペットの毛などが蓄積し、空気品質に影響を及ぼす可能性があるためです。
一方商業用ビルや工場などより多くの汚染源がある場合は、より頻繁な清掃が必要かもしれません。一般的なガイドラインでは、1年ごとまたは6ヶ月ごとの清掃が必要とされることがあります。特に食品業界や医療施設では、清潔な環境が要求されるため、頻繁な清掃が不可欠です。
地域の気候条件も考慮に入れる必要があります。湿度の高い地域では、カビや細菌の発生が加速するため、頻繁な清掃が必要かもしれません。逆に乾燥した地域では、埃の蓄積が主な問題となり、清掃の頻度を調整する必要があります。
ダクト内の汚れの程度も評価基準です。汚れが蓄積して空気流通を妨げ、エネルギー効率を低下させる場合、清掃が必要です。健康問題を引き起こす可能性がある有害な物質がダクト内に存在する場合は、即座に清掃する必要があります。
ビルのダクト清掃の頻度を何年ごとに行うのかは、状況によって異なります。建物所有者や管理者は、建物の種類、地域の気候、使用状況を考慮し専門家と協力して最適な清掃スケジュールを策定するべきです。定期的な清掃は空気品質の向上、エネルギー効率の改善、および建物の長寿命に貢献します。

ビルのダクト清掃依頼前には見積もりを取ろう

ビルのダクト清掃は建物の健康と快適性を維持するために非常に重要なメンテナンスタスクです。しかし、ダクト清掃を依頼する前に、慎重な計画と見積もりの取得が必要です。
なぜならビルのサイズ、ダクトの数、汚れの程度など、さまざまな要因が清掃のコストに影響を与えるからです。まずダクト清掃の必要性を評価することが重要です。
ダクト内に埃、カビ、細菌、異物などが蓄積すると、空気品質が低下し、健康問題を引き起こす可能性があります。
エネルギー効率も悪化することがあります。したがって定期的な清掃が必要ですが、清掃の頻度や範囲は建物ごとに異なります。
次に信頼性のあるダクト清掃業者を選ぶ必要があります。口コミや評判を調査し実績のある専門家を見つけます。業者には適切なライセンスと保険があることを確認します。
そして見積もりを取る際には、以下のポイントに注意が必要です。まず清掃の範囲を詳細に説明し、清掃すべきダクトの数や長さ、汚れの状態などを伝えます。作業日程や時間、料金体系を確認しましょう。安価な見積もりだけを選ぶのではなく、品質と信頼性を考慮して業者を選びます。
見積もりを複数取ることもおすすめです。これにより価格の比較ができ、最適なオプションを選びやすくなります。契約前に業者とのコミュニケーションを重視し、疑問や要望をしっかりと伝えます。
ビルのダクト清掃は建物の維持において重要なステップですが、見積もりを取ることでコントロールし信頼性の高い業者を選ぶことができます。清掃の必要性と見積もりの重要性を理解しビルの健康と快適性を確保しましょう。

ダクト関連情報

ダクト清掃を依頼する

新着情報

◎2024/2/16

情報を更新しました。
>ビルのダクト清掃はプロが行うのが一番効果が高い
>ビルのダクト清掃には厨房専用のコースが選択可能
>ビルのダクト清掃は工法によって作業方法が異なります
>ビルのダクト清掃は何年ごとに行えばよいのか
>ビルのダクト清掃依頼前には見積もりを取ろう

◎2023/4/27

情報を更新しました。
>ダクト清掃の専門業者は居住者への気遣いも大事
>火災防止やコスト削減のためにも行うダクト清掃にはスキルも必要
>ダクト清掃を効率的に行うにはタイミングが重要
>ダクト清掃は雨の日でもできるその理由とは
>ダクト清掃に関する便利なテクニックを紹介

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>ビルのダクト清掃ではフィルターの掃除が大事
>ビルのダクトに埃や油が蓄積で健康被害や様々なトラブルはダクト清掃で解決
>ビル衛生管理法に基づいたビルのダクト清掃業務
>ダクト清掃は飲食店ビルで引火を防ぐのに有効な手段
>ビル内でのダクト清掃は吸引能力に大きく影響します

◎2019/7/11

ダクト設計図は専門業者に依頼
の情報を更新しました。

◎2019/9/24

ダクト清掃は確実な業者へ
の情報を更新しました。

◎2019/7/11

ダクト設計図は専門業者に依頼
の情報を更新しました。

◎2019/5/17

専門業者に任せると安心
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

空調を効率よく使うためにはダクト清掃
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

ビルのダクト清掃にかかる費用
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

サイト公開しました

「ダクト ゴミ」
に関連するツイート
Twitter

妻が日立の掃除機を買ってくれた。単に先っちょにLED付いてるだけじゃんと思ったが、床のゴミホコリが僕にも超見える!こんなに汚れていたのかとビックリ。しかも1.1kg!軽い!このダクト何プラスチック?カーボンみたいに軽い!掃除が楽しい!って午前中全部屋を掃除してまわって疲れた満足。フリーレ…

ゴミ集めしながら整理してたら忘れ果ててたZ34に付いてたカレーパン岡ダクト出てきて草 そのうちセダンに付けるからしまっておく(˘ω˘)

返信先:お疲れ様です。 将来、コクピットの後ろの、 ダクトでスジ彫りして、 パーツ外して、パソコン用の、 掃除エアロで、ゴミを吹き出しかなぁ?

返信先:ゴミダクトシューターやな

ホタルちゃん嘘をつくのは下手くそなのでAmong Usでインポスターの時 「Fire Flyさんはここまでどう動いてました?」 「えっと…まず監視室でカードを切ってその後ゴミを捨ててる最中に停電になったからそれを復旧させてダクトで医務室のタスクをやってたよ」 (ダクト…?) ってなって即吊られるよ